【体験】渋谷ビンビン伝説(こう) 〜うふ♡イッて〜

こんにちは。
はじめまして、固茹(かたゆで)ともうします。

好きな言葉は「愛は性欲」です。
以後、宜しくお願いします。

春が足早に過ぎ、暑くなるにつれ僕の性欲も
どんどんみなぎっています。
皆さんは如何おすごしでしょうか。

急に思い立って渋谷のビンビン伝説さんに電話。

★60分    16000円
(割引適用)
★他、ホテル代 

★こうさん (Gカップ)

女の子の空きを確認すると
ラッキーにも人気のGカップレディ、こうさんに入れるとの事。
電話での対応も丁寧で、
身も心もスカッとしに渋谷に向かいます。

到着して百軒店のローソンから電話すると近くの受付に案内されます。
小心者なのでどんな強面の人がいるかドキドキしながら
行くのですが、物腰の柔らかい男性の方で一安心。

お相手のこうさんの写真をサッと見せられ、胸だけ大きい
ちょっとがっかりフェイスの女の子を予想していましたが
キレ可愛い系の女の子で心の中で
握りこぶしを手前に引くイメージのガッツポーズ。

システム等を説明されお支払。
ホテルの部屋で先にシャワーを浴び、女の子を待つスタイルで、
女の子はアイマスクをしての入室なのですが、その際の女の子の格好も選べます。
”全裸にガーターベルト”
に惹かれましたが、下着を脱がすのも高まっていく感じがして好きなので
下着姿をお願いします。

近くのホテルを段取りしてくれて案内されます。

ホテルに到着後、渡されていたイソジンと消毒薬も使い
シャワーで身体を清め、女の子の訪問を待ちます。

シャワーから出て10分程すると
”トントン”
とノックの音。

ドアを開けると、アイマスクをした夏っぽいワンピース姿の女の子が。
そうです、Gカップのこうさんです。

アイマスクをしたまま手を引き、部屋に案内。
アイマスクはちょっと可哀想なので、外してもらい可愛い笑顔にご対面。

挨拶もそこそこに、こうさんはスルスルっと服を脱ぎ下着姿に。
ドーン!!ドドーーーーン!!!
眩しいです、ブラジャーに包まれたGカップ。

人は人生を終えるまでに何人のGカップの女の子と出会うのでしょう。
Gカップを知らずにこの世から旅立っていった戦友もきっと
いることでしょう。
♪ありがとう、神様。ぼくにGカップを遭わせてくれて♪

Gカップのグランドキャニオン渓谷観光もそこそこに
さっそく包容からのディープキッス。
うっとりした目つきで舌を絡めてきます。

キスが大好きな僕のTINTINは早くもムックリ。

キスしながらGカップを支えているブラを外し、
綺麗な乳輪とティクビが僕の目の前に放り出され
両手で鷲掴みにしてむしゃぶり付きます。

ムハッ、ムハッと、しばらくGカップを味あわせてもらうと、こうさんは
僕の脚の間に陣取り、濃厚なフェラを開始。
これまで公私ともに数人の女の子にフェラをしてもらったことがありますが
TINTINの形に合わせて強弱を付けるバキュームフェラは
これまで経験の無い、とんでもない気持ちよさ。

「うぐっ、、、す、すごいです、、、」

時々顔を離し、上からいやらしく糸を引く唾液を何度も垂らします。
唾液まみれの僕のTINTINを、手をスクリューさせながら愛撫しつつ
また激しく吸い付き、ジュボジュボといやらしい音を立てながら
口の中で上下を繰り返してくれます。

まだ何もしていなっていうのに早くも
ぼくの性欲という風船が破裂寸前。

「い、いきそうっ。。。」

「うふ♡イッて」

「口に出してもいい?」

「うん♡いいわよ」

の言葉とともに、こうさんの吸引力はさらにパワーアップ。
ジュボ、ジュボ、ジュボ 
ングッ、ングッ、ングッ
シュポ、シュポ、シュポ

「うっ、、うぅーーーーーーーーっ!!!ぬはーーっ!!」

こうさんの口の中で完全に果てました。
たぶんたっぷりと放出してしまったと思いますが
すぐに口を離そうとはしません。

「はうっ、、、はううっ、、、 はぁ、はぁ、、」

男性の射精は400mを全力疾走した分の体力を使う、って
聞いたことありますが、今回は800mの全力疾走です。

こうさんのフェラがあまりに気持ち良くて
出会って、あっという間に果ててしまったので

「うふふ。もう1回ね♡」

と、年甲斐も無く第二回戦に臨む僕なのでした。

ビンビン伝説