【体験】日暮里「えっちなかおり」S嬢〜あなたのプライド次第。あとやはりツバを書けられるのは、女性との相性次第だ〜

どうもGOLDです。

久しぶりに匂いを味わいたいと思った。匂いで興奮したい。なぜこう思ったキッカケは正直忘れた。しかし私には匂いフェチのお知り合いがいる。会ったことはない。しかしメールでかなり仲良くさせてもらっている。そこで前からオススメされた日暮里の「えっちなかおり」のSさんを予約してみた。

紹介されたものだからと言って体験談は遠慮しない。思ったままで書いていく。

 

細かい話は一旦省こう。

今回の匂い専門の風俗は、かなり特殊。

・足裏嗅がせる、舐めさせる
・特殊な顔面騎乗
・脇を嗅がせる
・大量にツバをかけさせれる
・足コキ
・乳首責め

これらが今回体験した項目

まぁ、だいたいは予想していたのだが、ひとつ言えることは

これらのプレイひとつひとつが、いつも以上にお互いの相性や信頼関係が大事だと痛感した。

相性が悪いわけではないが、良いわけでもない。好みな女性ってわけでも、Mになりやすい女性ってわけでもない。まだ会って10分くらいの女性の足のニオイを嗅がせられて、パンツかぶって足コキで一発だされる。

まぁ、最後は比較的興奮はできた。しかしこのS嬢は、かなり笑って馬鹿にするように罵声を浴びさせるタイプ。「きゃははははは!!」と明るく元気に馬鹿した言葉でいじめてくる。

もちろんプレイの一貫だろうけど、何か私はイライラした。さらに足で顔面を強く踏まれたとき、あまりにも強く踏みすぎて眼球が危なかった。

1発目は、女性のパンツかぶって、私は自分で乳首をいじり、女性の罵声と足コキで昇天。

時間間隔はないが、おそらくそんなにたっていない。

一度シャワーを浴びる。シャワーの中で考えた「もうこれで帰ろうかな」と本気で考えた。

しかしシャワーを出るとベットの上で寂しそうに座って待機しているのを見て、言えなかった。そして2回戦へ

ここで行ったのは、鼻フェラとツバ掛け。

鼻フェラはまだいい。ツバ掛けがきつかった

やたら飛び散る大量のツバ。これがめっちゃお上手、ショットガンの散弾銃みたいに、顔面全体を覆うくらいの大量のツバ。しかも何度も。

こりゃ終わったら髪洗う確定だ・・・

その掛け方もすごく、笑いながら罵声するようにかける。

いや、わかるけど、私はまだあなたとそんなに信頼関係がない。悔しくてトラウマになりそうだった。

おちんちんは、ふにゃふにゃ。あぁ、キツかった・・・。

精神面の相性の重要性を再認識した。それなりに私もプライドはある。あと、可能なら匂いの相性も大事だ。足の匂いはまぁまぁだったが、アソコの匂いは微妙だった。酸っぱい。脇はワキガだったらしいが、ワキガを嗅いだことがないので、わからなかった。たしかにちょっと特殊な匂いだった。

まぁ手コキが上手くすぐに2回目も放出。

先にシャワーをしっかり浴びた。少しイライラしたまま。キツイ・・・。

やはり、心を許せる好みなグラマーな女性に、言葉でいじめられたり、ツバをかけられたい

こんなシンプルな話を痛感した。

しばらく、この店は行かないですが、匂いファンなら、かなりオススメ。

マニアックなので、あなたの要望をほとんど聞いてくれます。

もちろん3日履きや、食べ物系も。あなたのが普段できないことを存分にご体験ください